<ruby id="3jjhj"><ruby id="3jjhj"><b id="3jjhj"></b></ruby></ruby>

        <track id="3jjhj"></track>

          産業レイアウト
          インターネットの新時代において、産業エンドから消費者エンドまで、新しいテクノロジー、新しいモデル、新しいビジネスモデルが必要に応じて生み出される。 産業のアップグレード、協力?ウィンウィン、エネルギー、テクノロジー、デジタルの統合開発は、「カーボンニュートラル」の達成のめたに強力な新エネルギーを注入する
          もっと理解する

          テクノロジー協シン

          technology GCL

          テクノロジー協シン
          Scroll Down
          協シンについて
          テクノロジー協シン
          科技是第一能源

          Science and Technology as the Primary Resource

          技術革新で持続可能な発展を推進

          1991年、革新と研究開発活動を高度に重視するために、協シングループの前身である協成電気設備セット公司は特別な設計事務所を設立した。これは協シンLグループの科學技術革新ために基礎を築いてきた。協シンは一貫してイノベーションをそのコアバリューと見なしており、イノベーションによる発展を推進する戦略に基づいて、科學技術イノベーションを核心とし、管理イノベーション、ビジネスモデルのイノベーションなどを含む全面的なイノベーションの推進を加速させてきた。イノベーションを通じて差別化発展の道を歩み、市場に基づいて逆方向の思考で変革を進む。

          技術革新は協シンの持続可能な発展の基本的な原動力である。協シンは米國、日本、イスラエル、中國の上海、蘇州、徐州などに世界クラスの研究開発センターとインキュベーターを設立し、強力な革新能力を備えた國內外の2800人の専門家で構成された科學研究チームと院士、ポストドクターワークステーションを構築した。さらに、重要な核心裝置、先端技術の備蓄における突破を遂げ、協シンが科學技術革新型企業への転換も推進した。

          近年、協シンは年間売上高の3% を科學技術の研究開発に投入し、各種発明と知的財産権を3,000 件近くの特許を取得し、60 以上の業界標準の策定に參加した?,F在、協シングループは、ポリシリコンインゴットと単結晶シリコン、ウェーハスライス、バッテリーモジュール、システムインテグレーション、エネルギーネットワーキングなどの分野で技術研究開発と革新を備えている。協シンは半導體級材料、CVD還元爐、シランガス、エネルギー壁などの分野で國內のギャップを埋めて、世界をリードする地位にある。 シラン流動床FBRプロセスは、ポリシリコン製造のコストをさらに削減した。太陽光発電産業への顕著な貢獻により、協シングループは、世界太陽光発電理事會の共同議長およびアジア太陽光発電協會の議長ユニットに選出され、社會各界から尊敬と信頼を得た。
          • 2800

            國內外の専門家で構成されたワークステーション

          • 3%売上の

            科學技術の研究開発に投資する

          • 3000

            特許発明?知的財産権

          • 60以上

            國際?國家技術標準の制定を主催する

          2800

          國內外の専門家で構成されたワークステーション

          3%売上の

          科學技術の研究開発に投資する

          3000

          特許発明?知的財産権

          60以上

          國際?國家技術標準の制定を主催する

          COPYRIGHT ? 協シン(グループ)持株會社 All Rights Reserved.

          版權所有:蘇州鑫之海企業管理諮詢有限公司

          產業佈局 聯繫協鑫
          關註協鑫
          選擇國家或地區/語言中文
          集團網群

          協シンについて お問い合わせ

          COPYRIGHT ? 2022 協シン(グループ)持株會社 All Rights Reserved.

          刚被cao完又被c了

                <ruby id="3jjhj"><ruby id="3jjhj"><b id="3jjhj"></b></ruby></ruby>

                <track id="3jjhj"></track>