<ruby id="3jjhj"><ruby id="3jjhj"><b id="3jjhj"></b></ruby></ruby>

        <track id="3jjhj"></track>

          産業レイアウト
          インターネットの新時代において、産業エンドから消費者エンドまで、新しいテクノロジー、新しいモデル、新しいビジネスモデルが必要に応じて生み出される。 産業のアップグレード、協力?ウィンウィン、エネルギー、テクノロジー、デジタルの統合開発は、「カーボンニュートラル」の達成のめたに強力な新エネルギーを注入する
          もっと理解する

          GCL-FBR顆粒狀シリコン

          GCL-FBR Granular Silicon

          太陽光発電産業チェーンにおける
          溫室効果ガス排出量を85%削減

           

          GCL Energy Hub 即 フルパワーで出発

          GCL ENERGY HUB Immediate start off with full power

           

          太陽光のエネルギーを貯蓄して統合利用 
          24時間グリーンエネルギー

          Combination of Solar power generation and storage 24H Green Energy

          協シングループは、「光エネルギー、シリコンエネルギー、水素エネルギー、再生可能エネルギーの秩序ある開発」という政府の呼びかけに進んで応え、「テクノロジー協シン、デジタル協シン、グリーン協シン」戦略をめぐって、グリーンエネルギーの発展を強力に推進している。

          グリーンエネルギーを生活にもたらす

          Bringing Green Power To Life

          Global layout

          グローバルレイアウト

          協シングループは、國家の「一帯一路」の戦略構想に積極的に応え、自身の産業の優位性に基づいて、グリーンエネルギーのグローバル化の推進に貢獻している。
          協シンは、日本、イスラエル、米國、中國の上海、南京、徐州、蘇州に科學技術研究開発センターとインキュベーターを設立した。
          北米、歐州、アジア、オセアニア、中東などの地域でクリーンエネルギー事業を展開しており、ベトナム、インドネシア、スリランカ、サウジアラビア、
          トルコなどにも拠點を設けて、エチオピアとジブチでは東アフリカで最大の石油?ガスのプロジェクトを立ち上げ、クリーンエネルギーへの投資を強化する。

          「デュアルカーボン」 データによると

          • 60.012

            グリーンエネルギーの累計供給量
            10億kWh

          • 20.4243

            節約された標準石炭
            百萬トン

          • 51.154

            二酸化炭素排出削減
            百萬トン

          • 18.6296

            二酸化硫黃排出削減
            百萬トン

          • 45.5331

            窒素酸化物排出削減
            百萬トン

          • 62.0306

            植林に相當
            百萬ムー

          *上述為2020年數據

          GCL NEWS

          新聞中心

          協シン(グループ)持株會社

          86-512-6853 8285

          メディアリエゾン

          branding@gcl-power.com

          微信公式アカウント

          COPYRIGHT ? 協シン(グループ)持株會社 All Rights Reserved.

          版權所有:蘇州鑫之海企業管理諮詢有限公司

          產業佈局 聯繫協鑫
          刚被cao完又被c了

                <ruby id="3jjhj"><ruby id="3jjhj"><b id="3jjhj"></b></ruby></ruby>

                <track id="3jjhj"></track>